退職後に妻の扶養に入る場合の要件と失業手当

会社を退職後に夫が妻の扶養に入ると、社会保険料が免除されるので、経済的にはかなり助かると思います。

但しそれができるのは、奥様が社会保険に加入して働いている、という事が大前提になります。

実際私も、退職後の数年間は妻の扶養に入っていたことがありました。

妻の扶養に入ったことで、収入がわずかだった退職後も、国民健康保険料や国民年金保険料を払わないで済んだので

経済的にかなり助かった記憶があります。

そこで今回は、夫が退職後に、妻の扶養に入る場合の要件や手続きと、扶養されている時に失業手当を受給する際の注意点について、解説しました。

なお扶養には、税制上の扶養と社会保険上の扶養の2つがあり、税制上の扶養は、所得税・住民税に関わる扶養となっていて、社会保険上の扶養は、健康保険や年金に関わる扶養になっていますが、

今回は、社会保険上の扶養に絞って解説していますのでご了承ください。

#退職後 #妻の扶養に入る #条件