高額介護合算療養費等支払い 1125万円遅延 熊本市

熊本市の国保年金課は2020年10月からことし2月までに受け付けた260件の後期高齢者医療「高額介護合算療養費」と「高額療養費」について、約1125万円の支払いが遅れていることを明らかにしました。

 ことし5月の課内の担務見直しで発覚したもので、給付に関する業務は20代の男性職員が1人で担っていました。男性は「迷惑をかけたことを深く反省している」と話しています。

 熊本市は早期支払いに向け準備を進め、来月末までには全ての支払いが完了する見込みとしています。