【中退共は求人戦略】退職金の出ない時代だからこその中退共のススメ!コスパ良い福利厚生の中退共について解説します#210

起業してから10年後に生き残る会社の割合をご存知でしょうか。

その数、わずか10%。つまり90%の会社がなくなるのです。

昭和時代は終身雇用制が当たり前でしたが、今では公務員や大企業の勤め人でない限り、転職や独立などで人材は流動化しています。

そうした時代背景において、特に中小零細企業は退職金制度の縮小、あるいは退職金制度そのものがない会社も増えています。

しかし人材難の今の時代、福利厚生や待遇、そして退職金の有無などで就職先が選別されているのです。

退職金を自社で積み立てるのは無理だけど、何とか退職金を支払ってあげたい、そんな要望に答えるのが「中退共(中小企業退職金共済制度)」です!

毎月5千円から掛け捨てで退職金原資を支払い、退職時に、中退共本部から従業員に直接支払われるものです。国が退職金を請け負ってくれるので、安心です!

ぜひ、求人戦略の一つとして中退共の加入をご検討ください。

<ご参考>
・中退共HP↓
https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/seido/index.html

・Q&A↓
https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/qa/index.html
・パンフレット↓
https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/download/pdf/syousai.pdf

・助成自治体↓
https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/link/link02.html

【税理士BLPチャンネル登録】
https://www.youtube.com/channel/UCuT5-cPl4Pq-LdzNl80Zkbg/?sub_confirmation=1

【Twitter】
https://mobile.twitter.com/BLPchannel

【note】
https://note.com/blpchannel
#中退共
#福利厚生
#退職金