スポンサーリンク

高額療養費制度と限度額適用認定証の違い3選

スポンサーリンク
高額療養費制度
スポンサーリンク
高額療養費制度と限度額適用認定証の違い3選

違い1.窓口支払額
違い2.必要書類
違い3.手続き完了までの期間

がんで医療費100万円
高額療養費制度の窓口支払額は30万円
限度額適用認定証の窓口支払額は87,430円

高額療養費制度で3〜4ヶ月後に残りが振り込まれる
最終的な自己負担額は同じ

必要書類
高額療養費制度は病院の領収書が必要なケースもある
協会けんぽは不要だが、窓口支払額を記入する欄がある
国民健康保険は、領収書を求められる

手続き完了までの期間
高額療養費は3〜4ヶ月後に振り込まれて完了
限度額適用認定証は、申請後1週間で届き病院に提示すれば完了

基本的には限度額適用認定証をおすすめします
貯金に余裕があって、クレジットカードでポイントをつけたい方は高額療養費制度でも可能

高額療養費の時効は2年
医療費控除は5年

コメント