スポンサーリンク

事業復活支援金いつから給付?11月24日から?

スポンサーリンク
持続化給付金
スポンサーリンク
事業復活支援金いつから給付?11月24日から?

「事業復活支援金、いつから給付?11/24から?」について解説しました。

●「中小企業向けの新たな給付金」について閣議決定●
2021年11月19日(金)、過去最大55・7兆円の経済政策が閣議決定がされ、最大250万円の中小企業向け給付金「事業復活支援金」の新設が決定しました。
予算は約2.8兆円で、業種を問わず最大250万円を支給するとのことです。

●わかっている給付の条件を整理●
【対象者】
・全国・全業種の中堅・中小企業、個人事業主、フリーランス
・2021年11月~2022年3月の間に、ひと月の売り上げが前年もしくは前々年同月比50%または30%以上減少した事業者
※前回の持続化給付金の50%要件より緩和されています。

【給付額】
売上が50%以上減少した場合、
・法人:事業規模に応じて最大250万円
・個人事業主:最大50万円
売上が30%以上50%未満減少した場合、
・法人:事業規模に応じて最大150万円
・個人事業主:最大30万円

【申請方法】
原則電子申請 

【必要書類】
確定申告書、売上台帳、本人確認書類の写し、通帳の写しなど
※このほかに中小企業庁が必要と認める書類が今後追加される可能性あり。

【申請から給付まで】
申請してから2週間以内に給付する計画。
中小企業庁は申請から2週間以内に振り込める体制づくりを支援金事務局に求めている。

【申請開始時期】
事業復活支援金の申請開始は明らかになっていませんが、11月24日以降に発表される見込み。

(他社関連動画)
【事業復活支援金】売上30%減の場合も受給可能。11月21日時点の最新情報をお伝えします!

【事業復活支援金】売上30%減の場合も受給可能。11月21日時点の最新情報をお伝えします!

【事業復活支援金・閣議決定速報】売上50%減少で個人最大50万円・法人最大250万円。30%減少でも個人最大30万円・法人最大150万円給付。地域や業種
【事業復活支援金・閣議決定速報】売上50%減少で個人最大50万円・法人最大250万円。30%減少でも個人最大30万円・法人最大150万円給付。地域や業種限定なし!早めのご準備を!

速報!【事業復活支援金】提出書類と申請方法について解説!
速報!【事業復活支援金】提出書類と申請方法について解説!

【11月20日時点 続報‼】『事業復活支援金』最大250万円 ~ 給付金額の詳細 / 事前確認 / 電子申請を原則 / 21年度中に支払開始 / 中堅企業,フリーランスも
【11月20日時点 続報‼】『事業復活支援金』最大250万円 ~ 給付金額の詳細 / 事前確認 / 電子申請を原則 / 21年度中に支払開始 / 中堅企業,フリーランスも対象 等

【緊急速報】事業復活支援金って何⁉個人事業主・フリーランス最大50万円、中小企業最大250万円【対象者/要件/事前確認/給付額の計算方法/売上50%減少・30%減
【緊急速報】事業復活支援金って何⁉個人事業主・フリーランス最大50万円、中小企業最大250万円【対象者/要件/事前確認/給付額の計算方法/売上50%減少・30%減少の場合/必要書類/申請開始日は?】

(事業復活支援金についてもっと知りたい場合)

事業復活支援金

(前回の給付金「持続化給付金」について)
https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

(会社案内)
「スモールビジネスを、世界に広げる。」
広告や営業をしていないために広く知られていない商品やサービスの、新しい取引先を開拓するサービスを提供する、創業5年目のベンチャー企業です。人間心理学を追求した反応率の高い広告づくりや、過去の配信実績を活用した広告先の絞り込みをし、営業精度を高めています。
【ホームページ】https://www.urikata.net

#事業復活支援金 #いつから給付 #11月24日

コメント