スポンサーリンク

個人事業主を装い…家賃給付金300万円を不正受給 23歳の男を逮捕 (21/10/13 17:26)

スポンサーリンク
家賃支援給付金
スポンサーリンク
個人事業主を装い…家賃給付金300万円を不正受給 23歳の男を逮捕 (21/10/13 17:26)

新型コロナの影響を受けた企業への給付金、300万円を不正に受けとったとして男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、岐阜県土岐市の自称・建築作業員、小塚健斗容疑者(23)です。

 警察によりますと、小塚容疑者は今年2月、新型コロナの影響で売り上げが減少した中小企業などを国が支援する、家賃支援給付金300万円を不正受給した、詐欺の疑いが持たれています。

 小塚容疑者は中小企業庁がインターネット上に設けた申請ページに、個人事業主を装って嘘の内容を入力し、自分名義の口座に振り込ませていました。

 警察は小塚容疑者の認否を明らかにしていません。

 家賃支援給付詐欺の摘発は、岐阜県で初めてで、警察は組織的な犯行の可能性もあるとみて全容を解明する方針です。

——————
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。
https://hicbc.com/news/?ref=yt

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。
https://line.me/R/ti/p/%40oa-cbctv

■東海地方のニュース・速報 配信中
https://twitter.com/cbctv_news

コメント