スポンサーリンク

2021 06 25 腐りきった 日本? 逮捕・経産省【 犯罪の エリート 】 キャリア官僚・税金ドロボー・男2人・中国なら 公開銃殺・国というものは 上から腐る・逆はない

スポンサーリンク
家賃支援給付金
スポンサーリンク
2021 06 25 中国なら 公開 銃殺刑・逮捕・経産省【 犯罪の エリート 】 官僚・税金ドロボー・男2人・国というものは 上から腐る・逆はない・特に 児民党必見

経済産業省のキャリア職員2人が、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などの賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」について実体のない会社を使ってうその申請を行い、500万円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、いずれも経済産業省のキャリア職員で、産業資金課の係長、櫻井眞容疑者(28)と、産業組織課の新井雄太郎容疑者(28)です。

警視庁は容疑を裏付けるため、経済産業省の関係部署を捜索しました。

警視庁によりますと、2人は去年12月、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などの賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」について実体のない会社を使って、うその申請を行い、およそ550万円を会社名義の口座に振り込ませてだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。

会社は登記上、新井職員の親族が社長になっていますがいわゆるペーパーカンパニーで、2人は自宅や実家を事務所として賃料を支払っているように装い、うその書類を提出していたということです。

「家賃支援給付金」は、中小企業庁が所管する売り上げが大きく落ち込んだ事業者を対象にした制度で、中小企業などの法人では最大600万円が一括で支給されますが、申請の受け付けはすでに終了しています。

2人は高校時代の同級生だということで、警視庁は不正に得た金を高級時計の購入などに充てていたとみて、詳しいいきさつを調べています。

また2人のうち、櫻井係長が管理する別の複数の口座でも不透明な出入金が確認されているということで、関連を捜査することにしています。

警視庁は2人の認否を明らかにしていません。
経済産業省「誠に遺憾」
経済産業省は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾です。捜査に最大限協力し、全容解明を踏まえて厳正に対処します」とコメントしています。
「家賃支援給付金」とは
「家賃支援給付金」は、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者について賃料の負担を軽減するための制度で、中小企業庁が所管しています。

売り上げが大きく落ち込んだ事業者を対象に、中小企業などの法人には最大600万円、フリーランスを含む個人事業主には最大300万円が一括で支給されます。

制度は去年7月に始まり、申請の受け付けは、すでに終了していますが、中小企業庁によりますと、これまでに108万件の申請があり、合わせておよそ9000億円が支給されたということです。

一方で、不正受給も確認されています。

警察庁によりますと、今月20日までに東京都と6つの県で12人が検挙され、被害額は合わせて1505万円に上っているということです。

背景には、迅速に支給するため、「持続化給付金」のように手続きを簡素化したことがあるとみられていて、不正受給のほか、条件を満たしていないのに誤って申請したなどとして給付金が返還されるケースも相次いでいるということです

コメント