スポンサーリンク

定年退職した後の企業型確定拠出年金からiDeCoへの手続きを解説します

スポンサーリンク
退職
スポンサーリンク
定年退職した後の企業型確定拠出年金からiDeCoへの手続きを解説します

定年退職した後、企業型確定拠出年金を受け取らず、iDeCoの口座を開設して運用を継続することもできます。

━━━今回の動画について━━━━
今回の動画はリクエストにお答えし、定年退職した後の企業型確定拠出年金の手続きについてです。一般的に企業型確定拠出年金は60歳で受給できるようになります。定年もまだ60歳の会社が多いですから、定年退職したら公的年金の支給までのつなぎ年金として受け取る方も多いかと思いますが、70歳まで受給を遅らせてその間も運用することができます。企業型確定拠出年金の退職後の手続きというと転職が前提で案内されているwebサイトなどが多いので、どうしたらよいかよくわからない方も多いかと思います。ぜひ最後までご覧ください。

■もくじ■
00:00 はじめに ~企業型確定拠出年金って退職したらどうするの?~
00:34 今回の動画まとめ
01:13 転職先に確定拠出年金が導入されている方は
01:43 個人型確定拠出年金への移換手続きの方法
05:58 資産移換依頼書のご紹介
09:35 定年退職後にiDeCoの口座を開設する場合の注意点
11:06 勘違いしやすい点
12:06 75歳まで運用指図者として運用を継続できる(法改正)
15:27 まとめ

━━━この動画でご紹介している動画・ウェブサイト━━━━
・企業型確定拠出年金資格喪失時のお手続きご案内サイト(JIS&T)
https://www.jis-t.kojingata-portal.com/retirement/consumer/houhou.html

・申込書類の記入方法(みずほ銀行)
2.ご提出いただく書類 個人別管理資産移換依頼書
https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/ideco/tetsuduki/ichiran/index.html

━━━動画内でご紹介した資料等の引用元━━━━
上記を参照ください。

━━━この動画の説明に関する留意点━━━━
・企業年金の受け取りに関する具体的な税額算出のご相談は承っておりませんのでご了承ください。
・企業型確定拠出年金の資産をiDeCoに移換する具体的な書類、手続きはiDeCoの口座を解説する金融機関(運営管理機関)を決めた後、そちらにお問い合わせ頂くとより具体的にイメージできると思います。

━━━━制作・講師略歴━━━━━━━

■講師略歴(大森祥弘)
全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)全国本部でのJA向け企業年金・退職金コンサルティング、コンサルティング会社での民間企業への対応経験をもとに退職金・企業年金webフォローチャンネルを開設。
雑誌メディアで公的年金、企業年金、確定拠出年金、確定給付企業年金、iDeCo、退職給付会計に関しても執筆。

■動画制作
ステンドグラス
*個人事業(兼業)で企業向けのYou Tubeマーケティング支援を行っており、同事業の屋号となります。

■コラボ、当チャンネルでの商品紹介、動画に関するご意見・ご質問・その他ご相談
★準備中(更新中)です★
*個人の方からの年金の税額算出に関する具体的なご相談は受けておりませんのでご了承ください。

#定年退職
#企業型確定拠出年金
#iDeCo
#確定拠出年金

コメント