スポンサーリンク

保険診療/自由診療/混合診療の費用はいくら?どんな医療保険/がん保険で備えたらよい?【3つの診療費用と備え方 後編】

スポンサーリンク
高額療養費制度
スポンサーリンク
保険診療/自由診療/混合診療の費用はいくら?どんな医療保険/がん保険で備えたらよい?【3つの診療費用と備え方 後編】

公的医療保険が適用になる範囲内で治療が完結すれば、高額療養費制度により月の医療費自己負担上限が8万円程度に抑えることができます。
混合診療の代表的なものは差額ベッド代と先進医療でしょう。混合診療に備えるには医療保険やがん保険に「先進医療特約」を付加することでカバーできます。
自己負担が数百万円になる場合ある、自由診療に備えたい場合には実損てん補型のがん保険が検討の候補になるでしょう。

<目次>
0:00 はじめに
0:27 保険診療の費用と備え方
4:14 混合診療の費用と備え方
6:53 自由診療の費用と備え方
7:50 まとめ

▼前編はこちら
保険診療/自由診療/混合診療、どう違うの?自己負担の仕組みとは?【3つの診療費用と備え方 前編】

保険診療/自由診療/混合診療、どう違うの?自己負担の仕組みとは?【3つの診療費用と備え方 前編】

▼関連動画
【医療保険検討①】必須知識!健康保険(高額療養費制度)で医療費自己負担は大きく軽減

【医療保険検討①】必須知識!健康保険(高額療養費制度)で医療費自己負担は大きく軽減

▼関連記事
保険診療/自由診療/混合診療の違い。どんな医療保険/がん保険で備えたらよい?
https://www.f-l-p.co.jp/knowledge/1092

▼無料保険相談もできます
保険相談サロンFLPでは30社以上の保険会社の中から複数の生命保険/損害保険商品を比較して選びながら保険見直しや保険加入ができ、相談は何度でも無料です。
専門知識と豊富な経験を持つ保険のプロが、お客様のライフプランに沿った保険プランをアドバイス/ご提案致します。

保険相談サロンFLP公式HP https://www.f-l-p.co.jp/
店舗一覧 https://www.f-l-p.co.jp/shoplist
保険相談サロンFLPの口コミ・評判 https://www.f-l-p.co.jp/customer

▼オフィシャルSNS
twitter https://twitter.com/hoken_FLP?lang=ja
instagram https://www.instagram.com/hoken_flp/?hl=ja
facebook https://www.facebook.com/hoken.F.L.P/

<解説>
FP(ファイナンシャルプランナー) 實政 貴史
筑波大学卒業。10年以上の保険業界経験で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、「保険相談サロンFLP」公式サイトに1500本以上の記事を執筆。
また、同社主催セミナーや、「毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口」オンラインセミナーなどで講師を務める。
「わかりにくい保険をわかりやすく」をコンセプトに動画配信しています。
ご質問、解説してもらいたいテーマがあればぜひコメント欄にぜひお寄せください。

#保険 #自己負担 #診療

コメント