スポンサーリンク

【 菅総理・山井和則質疑】①大企業の非正規労働者への休業支援金 ②低所得の子育て家庭への給付金支給 ③2回目の持続化給付金と家賃支援金の支給 を直訴 (2021/2/8 衆議院予算委員会)

スポンサーリンク
家賃支援給付金
スポンサーリンク
【 菅総理・山井和則質疑】①大企業の非正規労働者への休業支援金 ②低所得の子育て家庭への給付金支給 ③2回目の持続化給付金と家賃支援金の支給 を直訴 (2021/2/8 衆議院予算委員会)

①『休業支援金⇒大企業非正規の方々へ2020年4月に遡って支給を!』
菅首相は、対象と時期は厚労省に検討させている、と、繰り返し。
私は、昨年4月に遡って支給するように強く要望。

②『低所得の子育て家庭⇒ふたり親家庭にも給付金を!』
貸付けじゃなく、ぜひ、給付金を3月に、低所得の子育て家庭に支給してもらえませんでしょうかと菅総理に直談判しました。
手元資金にお困りの方には、緊急小口資金などの限度額を200万円に拡大しますと菅総理。
生活に困っている子育て家庭に、更にお金を借りろ、は酷です。
総理には、貧困で苦しむ方々の気持ちをわかって頂きたい!
『子どもの貧困』に取り組む団体の方々からも『低所得のふたり親家庭にも給付金を!』と、要望を受けています。
コロナにより進学や進級を断念する子どもを出してはなりません!

③『2回目の持続化給付金や家賃支援金を!』
『緊急事態宣言が延長され、晩の時短の飲食店以外の昼のお店や中小企業への財政支援の拡充を!』
など、地元の商工会議所や観光協会からの要望を菅首相に訴えましたが、後ろ向きな答弁。
私は『現場の観光地、商店街、中小企業の厳しい実態を菅首相はわかってない。危機感が無さすぎる。このままでは、3月末に倒産や廃業が急増する』と指摘。

コメント