スポンサーリンク

【退職後の手続き】会社を辞めた後の得する手続きまとめ【失業】(健康保険の手続き/国民年金保険の手続き/住民税の手続き)

スポンサーリンク
退職
スポンサーリンク
【退職後の手続き】会社を辞めた後の得する手続きまとめ【失業】(健康保険の手続き/国民年金保険の手続き/住民税の手続き)

健康保険・国民年金・住民税について
【底辺】国民健康保険減免した。軽減制度で半額の減税【失業】

【退職後やること】国民健康保険減免した。軽減制度で半額の減税【失業】

【底辺】国民年金保険料免除・納付猶予申請承認通知書が届きました。【失業中にやること】
【退職後】国民年金保険料免除・納付猶予申請承認通知書が届きました。【失業中にやること】

健康保険の手続き
【14日以内】国民健康保険に切り替える。自治体によっては保険料の減免制度。
【20日以内】任意継続被保険者制度を利用する。職前の会社の健康保険に引き続き2年間加入できる制度。任意継続の保険料は会社員のときの2倍になる
【速やかに】家族の扶養に入る。
◆ 必要書類
健康保険資格喪失証明書、本人確認書類、通帳、印鑑、マイナンバー
◆ 手続き
住んでいる自治体の役所の健康保険の窓口に申し出ましょう。

国民年金保険の手続き
【14日以内】年金の切り替え
または家族の扶養に入る手続き
◆ 必要書類
必要な書類は、年金手帳、離職票、本人確認書類、印鑑
◆ 手続き
国民年金保険に加入する場合は、退職後14日以内に、住んでいる自治体の年金窓口で手続きを行います

住民税の手続き
【1月から5月の間に退職する場合】
住民税は、原則として一括徴収され、退職月から5月までの残りの部分は最後の給料の時に一括で徴収されることになっています。
【6月から12月の間に退職する場合】
残りの住民税は、自分で納付しなければいけません。
自分で納付することを“普通徴収”といい、普通徴収は年に4回納税(6月、8月、10月、1月)します。
もしくは、一括で支払います。6月から12月の退職の場合は一括か分割を選ぶことができます。
失業したことを理由に減額されることがあります。基準は自治体によって異なります。

チャンネル登録はこちら
httpv://www.youtube.com/watch?v=channel/UCzk1Q_Nznpo30bOarqKW1ww?sub_confirmation=1

Twitterはこちら

instagramはこちら
https://www.instagram.com/hirayama00123

#退職後の手続き
#減免制度
#失業

コメント