スポンサーリンク

家賃支援給付金④ もらえる方法は必ずある!

スポンサーリンク
家賃支援給付金
スポンサーリンク
家賃支援給付金④ もらえる方法は必ずある!

名古屋総合税理士法人代表のYouTuber細江貴之です。
2020年7月14日よりオンライン申請のはじまった家賃支援給付金について全4回に分けて解説させていただく最終回。

最終回は「もらえる方法は必ずある!」についてお話いたします。
家賃支援給付金はコロナの影響で売上が下がった皆様の事業継続を支えるため、地代、家賃の軽減を目的に法人最大600万円、個人には300万円の家賃給付を支援する制度です。

家賃支援給付金の申請には・・・
●昨対比の同月売上50%以上減、30%減の証明
●賃貸借契約の証明書類
●宣誓書類
など、準備が必要です。

経営者の皆様には売上数字をはじめ、対象にならないと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
どんな企業でも、合法的に対象となる方法があります。
もちろん、コストもかかる方法もありますので、最終的にはあらゆる試算をしたうえで、判断していただく必要があります。
最後までご覧いただき、御社にあった方法を見つけてご検討ください!

■名古屋総合税理士法人
https://hosoe-tax.com/
ツイッター https://twitter.com/na_staff_jp
インスタグラム https://www.instagram.com/na_staff_jp/

#家賃支援給付金 #もらえる方法 #名古屋市コロナ対策

コメント