スポンサーリンク

夫が定年退職! ➩ 専業主婦の私の年金、支払いはどうなるの?年下妻は要注意!

スポンサーリンク
退職
スポンサーリンク
夫が定年退職! ➩ 専業主婦の私の年金、支払いはどうなるの?年下妻は要注意!

【訂正とお詫び】2020年8月14日加筆
一部の解説が間違っておりました。訂正します。大変申し訳ありません。

 「1.夫が会社員を続けた場合」
      夫が65歳定年後も会社員としてお勤めの場合
      誤)⇒妻の年金は、引き続き夫が働く会社が負担する
      正)⇒妻の年金は、個人で年金保険料を負担しなければならない。
         但し、妻の国民年金保険料に「未納期間」がある場合のみ

*******************************************

夫が定年退職後の専業主婦の年金がどうなるかについて、いくつかのパターンに分けて解説したいと思います。まず、夫が会社員を続けた場合ですが、これは夫が65歳の定年後も同じ会社に社員として再雇用された場合もしくは別の会社に社員として再就職したという場合の話になります。この場合夫は、基本的には70歳までは厚生年金に加入することになります。

では、専業主婦の妻の年金はどうなるかと言いますと、妻は国民年金第2号被保険者にはならないため、個人で保険料を負担しなければなりません。但しこれは、妻の国民年金に「未納期間」がある場合です。なおこの夫は定年後も働き続けることで、老齢厚生年金の受給額が増えるわけです。一方専業主婦の妻の年金は、国民年金のみとなりますので
夫と比べるとその金額は極端に少ないということになってしまいます。具体的には国民年金の満額支給でも月額で65,008円です。因みにこの金額は令和元年の金額になります。

では、夫がすぐに働かない場合ですが、例えば夫が定年退職後にすぐには働かないで少しゆっくりしてから別の会社に再就職した場合、専業主婦の妻にしてみれば「夫はそのうち再就職するのだから、私はなにもしなくてもいいかも・・・・」と考えるかもいるかもしれませんが、もし妻が60歳未満の方だったらこの考え方は危険です。なぜなら何もしなければ、妻の国民年金に未納期間が発生してしまうからです。もし未納期間があると、本来受け取れるはずの年金は減額されてしまいます。ですので夫がすぐに働かない場合は、妻は速やかに国民年金の切替手続きをする必要があります。

次に夫が65歳の定年後に自営業を始めた場合どうなるかと言いますと、まず夫自身は60歳を過ぎていますので国民年金の支払い義務はありません。但し夫に年金保険料の未払い期間がなかったということが前提になります。一方、専業主婦の妻はどうなるかと言いますと、妻が60歳以上の場合と60歳未満の場合で違ってきます。まず60歳以上の場合ですが、妻は国民年金に加入する義務はありませんので手続きは不要です。但しこの場合も、妻に年金保険料の未払い期間がなかったということが前提の話になります。次に妻が60歳未満の場合ですが、この場合は妻が60歳になるまでは、国民年金の保険料を支払う義務があるということになりますですので、妻は速やかに国民年金への切替手続きが必要です。

国民年金への切り替え手続きですが、まず窓口はお住まいの近くにある市区町村ということになります。次に持参するものですが、これは年金手帳とマイナンバーカードと印鑑ということになります。因みに印鑑はシャチハタは不可となっておりますので注意してください。なお手続きには期限があり、夫の退職日から14日以内ということになります。因みに国民年金に切り替えた後は、年金保険料を払うことになるわけですが、その金額は令和2年3月までは月額で16,410円となっています。因みにこの金額は、毎年少しづつ変動しています。

国民年金の未払いの期間があると満額の年金をもらうことはできません。そういう方はどうすればいいのかと言いますと、60歳以降も国民年金に「任意加入」することで年金を満額に近づけたり、もしくは満額を受け取ることが可能になる人もいます。但し任意加入できる期間には制限があります。具体的には、年金の受給資格期間である10年間の保険料支払いを満たしていない人は、70歳まで任意加入ができるということになりますし、受給資格期間は満たしているけど少しでも年金を増やしたいという人は、65歳まで任意加入することができる という事になります。

年金の受給開始年齢は原則は65歳からとなっていますが、生年月日によってはそれより前にもらえる人もいます。この65歳より前にもらうのが「特別支給の老齢厚生年金」と呼ばれるものです。特別支給の老齢厚生年金は、老齢厚生年金のメイン部分である「報酬比例部分」というものを受け取ることができます。但し支給開始の年齢は生年月日と性別によって違ってきます。

動画を見て疑問に思ったこと、また何か聞きたい事があれば、コメント欄に質問をお願いします。

#定年退職 #専業主婦 #年金

コメント